転載について

地味に知っておきたい、SNSの利用規約について

投稿した内容をアップしないで

SNSを利用していると見落としがちな利用規約はきちんと見なければならない。見ずに利用を始める、それはつまり利用規約について一切不満を持つことなく同意したと取られてしまいます。そんなことはないなどと後から訴えても筋違いとして跳ね返されてしまうだけで、自分はそんなことを認めていないといったところでどうにもなりません。そんな話を聞くとやはり一度しっかり見ておいた方が良いのはないかと、そう思うだけで大分変わってくるものだ。

それというのも、利用規約の中には投稿した内容については個人の所有するものではなく、何をしても自由に使用していいものだと規定しているも同然だとしている考えもある。実際のところ、運営においても利用する上では投稿するものは常に他人と共有することになると考えた上で、どんなものにするかを考えなくてはいけないと定義している。

これらもキチンと利用規約に明記されており、実際ツイートした物がまとめサイトを始めとしたところへ無断転載されてしまったから削除を禁止する、といった主張をしている人もいるくらいだ。それならば無難な発言に止めれば良いのではと思うのですが、中々そううまくはいかないのかも知れません。

転載と聞くと違反しているように見えるものの、Twitterの場合は基本的に転載や共有などを認める方針である旨も理解して使用しなければいけないのです。

規約に基づいた上で

Twitterを利用していると発言した内容が度々まとめサイト、あるいは2chなどの掲示板などにアップされて使用されたという実害報告を耳にする。今ではそうしたサイトが乱立する世の中となっているので、ある出来事に関して発言したものが誰とも知らない人間に引用・転載されていたというケースを見かけます。そのことを発言した本人が見つけてしまったら、当然不快な思いに苛まれるかも知れませんが、実際にはそう思う方が筋違いなのだ。

提供するコンテンツの内容は、他社と共有できるもの、投稿しても本人を含めた現実の人々に差し支えないものに限定してくれと利用規約に述べているのです。つまりだ、ユーザーの中にいる無断転載や共有などを禁止すると、自らの著作権を主張している人の方が誤りだとしている。法的な効力の方が強いのではないかとも思うでしょうが、利用規約に則った時点でそういう契約で始めたと解釈されてしまう。そうなればいくら契約違反だと主張してもお門違いだと取られてしまう。そうした誤解を生まないようにするためにも利用規約は定められているわけだが、読んでいない人の方が断然多そうだ。

投稿するにしても最低限のルールを守らなくては行けない、社会における成約の重さが物語るところだ。

引用・転載の際には

但し、転載などされても文句が言えないとはいえ何をしても良いというものでもない。ここもきちんと利用規約に記載されていますが、転載などをするとなったらTwitter APIを使用してようやく認められたものだと出来るのです。そうなると現在流通しているまとめサイト等ではそんな開発者向けのアプリを活用して作っているのかと考えたら、大分手間をかけているのでしょう。よほど知識や技術に富んでいなければTwitterの投稿内容を転載・引用も出来ないというのだから、中々骨折り損だ。

そこまでしているなら逆に許せそうだが、実際に無断転載で困っていると嘆く声も聞こえてきます。

やりたい放題が横行しているからこそ

規約で厳しく述べているのはそれだけの実例がある証拠でもある。共有するコンテンツとして問題のない物を投稿しなければならないが、中にはそれを知らずにかなり際どい物を見かけることもあります。

その良い例が、数年前から話題となっているものの後を絶たない『バカッター』という存在だろう。投稿内容そのものが社会的常識に基いてもNGな事をしている彼らの画像もまた多く転載され続けている。遊び心で撮影して投稿した内容は、本来なら内輪話だけで完結するはずでしたがそんな性質をSNSに求めること事態が甘い。

恥知らずといわれても仕方がない行いをした画像はネット社会で延々と転載されつづけ、モザイクもなにもかも掛けられていない素顔の自分が流れるという恐怖は底知れない。転載するなといえど、この場合もまた共有コンテンツとするなら、転載されたからといって怒ったところでどうにもならないのが現実だ。むしろ自分で自分の首を絞めている、なんて事になりかねない。

余計なことはしない

SNSをしていると色々な人、それこそ年齢に関係なく使用しているので不特定多数の人から注目されれば、やはり何かしらの充足感はあるだろう。ですが投稿した内容の著作権を議論する声もありますが、現状ですと投稿内容は共有コンテンツとして、転載・共有されたとしても権利を主張することは出来ません。削除したところでやツイートは半永久的に生き続けると考えたら、投稿するにしても責任やそれによって生じるかもしれない影響力を考慮する必要がある。

その旨も利用規約に記載されているため、見ていなかったら無条件で同意をしたので文句を言えません状態だと言う点を忘れないように。

つぶやきが好きな方へ

イオン導入ブライダルエステプラセンタ原液やビタミンCなどをイオンの働きでお肌の奥深くまで浸透させます。ブライダルエステ、セルフオーダープラン

↑PAGE TOP